35歳からフリーターを辞めない考え方

フリーターとして生活をしている人は、国の実施している労働力調査によれば、現在、約152万人いるそうです。しかも、フリーターという言葉の概念から、この人数というのは34歳までの若年層にある人であって、35歳以上の年齢で、フリーでアルバイトの生活をしている人の数は反映されていません。 では、このフリーターの人たちは、なぜ就職をしないのか、そのメリットについては、以下のことが挙げられます。 まず、組織に縛られない、ということは大きなメリットになると思われます。組織のしがらみの中で、その方針に従って仕事をするということは、自分の考えをしっかり持っている人にとって、その方針が合わなければ、かなりのストレスになります。また、組織に所属することによっての人間関係も、うまくいかないとかなりのストレスを抱えることになります。しかも、きちんとした会社ほど、目標管理、成果主義が行われており、それに応じた結果を残す必要性や、自己の能力の向上を求められることになります。フリーターの場合、それがない、いやならばいつでも辞められる、というのは、ストレス社会と言われている現代において、大きなメリットではないでしょうか。 加えて、特に若年層にとっては、下手に正社員として働くよりも大きな収入を得られることになるということもメリットが大きいのではないでしょうか。そのほか、休身が取れやすい、いやな仕事はすぐに変えることができる、等と言ったことも挙げられます。 また、このフリーターの人たちが、就職をしないことによっておこりうるデメリットとしては、以下のことが挙げられます。 フリーターには、社会保障制度がほとんど機能していないといえます。今後の日本の年金制度がどうなるのか、まったく未知数ですので、この点はともかくも、一応、年金制度や健康保険制度、雇用保険制度などの日本の社会保障制度の恩恵を受けることがほぼないといえます。ある程度の時間数働いていれば、こういった問題はクリアできる部分もあるでしょうが、一般的には、ほぼないと言える状態です。 加えて、社会的な地位と信用が確立されていません。さまざまなローン審査にはまず通らないですし、職業欄にフリーターと記載して、それをよし、とする風潮はまず今の社会ではありません。フリーターと結婚しようと思う女性はまずいない、といっていいでしょう。さらには、有給休暇制度もほぼないといえますので、休んだら即収入がない生活になります。長期に休もうものならば、もう来なくてよい、といわれるわけです。 いずれにしろ、それを好きで選んでいる人、そうではない人がいるわけで、好きで選んでいる人はよいとしても、そうではない人が定職に就くことができるように支援することは国の課題ではないでしょうか。

フリーターのメリット・デメリット②

働き方には色々ありますが中でもフリーターという働き方に多くの人はマイナスのイメージを持ちます。なぜならフリーターというのは収入も不安定でおまけに収入も少ないという風に考える人が多いからです。なのでフリーターというだけでかなりのデメリットがあると思う人が多いです。確かにフリーターという働き方は決して安定した働き方でないのは確かです。正社員とは違っていつ収入がなくなってもおかしくないというのはあります。なのでフリーターというだけでかなりデメリットがあると思ってしまうのが普通です。ですがフリーターだからデメリットしかないのかというとそういう事はないです。フリーターにもメリットがあります。それはずっとフリーターとしていて就職しない事で比較的自由になる時間があるという点です。もしフリーターでなく普通にどこかの会社員として働いていたら毎朝朝早くに起きて会社に通勤して働く事になります。それが当たり前と思えているなら良いですがそれでっ確実に自由になる時間を奪われています。なので必ずしもフリーターをずっとやって就職しない事がデメリットばかりとは言えないです。もちろんフリーターとしてずっと働く事で生じるデメリットもあってフリーターでいるとどうしても正社員よりも収入が少ない事になりやすいというのはあります。ですがそれをフリーターのマイナスだと思ってしまってフリーターを全否定してはいけないです。なぜならその代わりにフリーターとして働く事で得るものも多いからです。でもフリーターとして働くメリットを主張しても世間的にはそれがメリットという風に思ってもらえない事が多いです。それはなぜかというと多くの人は自由になる時間よりも働いてお金を稼ぐ事の方が大事だと思っているというのがあるからです。確かにお金を稼ぐ事は大事です。ですがそれだけを考えて生きるだけが人生ではないです。中には朝早い時間に起きて満員電車に乗るのが苦痛に感じる人もいます。そういう時にまでフリーターとして働く事を毛嫌いする事はないです。いくらお金を稼がないといけないと言っても毎日しんどい思いをしてストレスを溜めても良い事はないです。なのでフリーターとして働き続ける事もある程度容認した方が良いというのはあります。それで正社員として働くよりも確実に自由になる時間が増えるからです。なのでこれまでフリーターのマイナス面ばかり見てきたという人も実際にはフリーターにも良い面がある事を知って欲しいです。

社会の目に惑わされないように

歳を重ねれば重ねるほど正社員として働いていないと偏見を持たれやすいフリーターですが、フリーターの人は正社員として働いている人よりも実は充実した生活を送っていたりもします。では、フリーターのメリットとデメリットをご紹介します。【メリット:自分の好きな時間に仕事ができる】正社員として働いてしまうと決められた勤務時間が一般的です。毎日同じ時間での勤務、または9時間以上の夜勤といった長時間の拘束勤務、はたまた3交代制などの不規則な勤務体制など。ですがフリーターの場合契約社員や派遣、アルバイトなので自分の好きな時間に勤務することができます。契約社員であれば契約期間が決まっているため「3か月の契約ならこの時間での勤務で仕事をしよう」と決めて契約したり、派遣であれば「日中は3時間だけの仕事をして、深夜帯の仕事をメインでしよう」などと自分のライフスタイルに合った時間に仕事を入れ、働くことができます。そしてアルバイトであれば派遣と同様自分のライフスタイルに合った勤務時間にすることができ、連続で休暇を取ったり、または稼ぎたい月は連続で仕事に入ることができ自分のペースで仕事をすることができます。【メリット:嫌な仕事が少ない】フリーターの場合、出張や接待等がないためのびのびと自分の好きな仕事だけをやることができます。正社員の場合行きたくのない出張や、面倒くさい接待、または会社内で開かれる飲み会等もあるため仕事に対して「嫌だな」と思うことが多いのです。ですがフリーターの場合時々職場で開かれる飲み会等の参加は基本的に自由なので、断りやすかったりします。フリーターは嫌な仕事が少ないことでのびのびと自分の好きな仕事をやれるだけではなく、楽しく仕事ができることで働くことに対して前向きな考えを持っているのです。【メリット:辞めやすい】正社員として会社に雇われてしまうとちょっとやそっとじゃ仕事を辞めることができません。例えば「最近体調が悪いことが多いので仕事を辞めたい」と言っても「じゃあ何日か休暇を取りな」などと、会社側も辞める方向には中々持って行かず“辞めたいのに辞められない“という状況がズルズルと続いていきます。ですがフリーターの場合「違う仕事をしたいので〇月で辞めたい」などと話すだけで辞められるためもし自分に合っていない仕事だったとしても簡単に辞めることができ、“辞める“というワードも言いやすい環境なのです。【デメリット:お給料が安定しない】正社員の場合“手当“が付いたり、決められた日に出勤することでお給料が発生しますが、フリーターの場合働いた分のお給料は発生しますが、職場の状況によって毎月出勤する日数に変動ができてしまったり、早上がりなんてこともあるためお給料が安定しないこともあります。働いた分のお給料が発生するということは、出勤できない日が多いとその分お給料がもらえないということなので、毎月のお給料の差が良くも悪くも大きかったりもします。【デメリット:周囲が気になる】世の中はなぜか「社会で働いている人は正社員が普通」という考えを持っています。そのため職業を聞かれたときに「フリーター」と答えると「フリーターなの?」と残念な顔をされることもよくあります。こうした周囲の顔色が気になってしまうのがフリーターのデメリットでしょう。
ご意見箱
× 今後表示しない

後悔のない人生を!

フリーターが就職しないメリットは結構あると思います。まずは時間が割と自由に使えるというところです。正社員と違い残業や出張・休日出勤というのは、ほぼないでしょう。シフト制で人数の多いようなバイト先でしたら、より自由が効くと思います。事前に休暇申請できるバイトがほとんどだと思いますし。好きな日に休めるのは最大のメリットですよね。時間が自由って何にも変えられないと思います。平日でも旅行に行けるのは、羨ましい限りです。あとは、あまり責任を負わされない気軽さがあるという点です。リーダーや店長などになってしまうと、多少の責任が任されてしまいますが、ヒラのアルバイトさんでしたら絶対に利益の心配をする必要は無いと思います。月の売り上げ表を見たことがない、というフリーターさんも多いのではないでしょうか。仕事があまりできなくても「バイトだから仕方ないか」で許してもらえる事も多いでしょう。プレッシャーに弱い人や責任を負いたく無い人は、フリーターで働けばイキイキと輝けそうです。そしてフリーターは掛け持ち&副業ができるという点も見逃せません。正社員だと会社に拘束される時間が長いので、まず副業をする時間が取れないでしょうし、そもそも副業禁止の会社が大半なのでリスクを負ってまで副業する人はいないと思います。しかし、フリーターの場合は掛け持ちが可能な場合がほとんどですから(不可能な場合も稀にあるようです)、あちこちで働いて正社員並みに稼いでいる人もたまにいらっしゃいますよね。しかも、掛け持ちや副業で色々な職業を経験するのって、毎日が新鮮で楽しかったりします(私も掛け持ち経験者なのでよく分かります。)人間関係の幅も広がりますし、2倍働くので充実度も2倍です。一つの仕事をコツコツとやるのに不向きな方は、Wワークがおすすめですよ。さてメリットばかりあげてきましたが、デメリットもご紹介しましょう。フリーターの最大のデメリットは生活が不安定という点ではないでしょうか。正社員のように福利厚生があるわけでもなければ、ボーナスもない。社会的信用もないので、フリーターで新築の家をローンで買う…なんていうのは至難の技ではないでしょうか。将来もらえる年金額も、フリーターは国民年金しかもらえない場合が多いですし(厚生年金に入れてもらえてれば別ですが、なかなかいないでしょう)、長い目で見るとフリーターは良い事ばかりではない…というのが分かります。多くの軽いメリットを取るか、重いひとつのデメリットを重視するか…あなたの人生次第だと思いますが、後悔のないように熟考する時間は必要だと思います。

フリーターのメリット・デメリット

リーターでいるメリットとデメリットについてそれぞれ3つずつ挙げていきたいと思います。メリット①勤務する時間をある程度は自分で決めることができる 会社が求人を出すうえで、最低週に何日働いて何時間は働いてくださいというのはありますが、それを守っているのであれば、後は自分の都合に合わせて自由に勤務日を決めることができます。正社員であれば、この日はどうしても人が足りないから休まれると困ると言われて、しぶしぶ働くということもありますが、フリーターであればある程度は自分の意見が通るでしょう。長時間の残業をするということもほぼありませんので、仕事以外のプライベートの時間を充実させることができます。②簡単に会社を辞めることができる 正社員で代えのきかない責任のある仕事を任されている場合には、いざ退職をしようと思ったとしても、抜けられたら困るだとかもう少しだけでいいからいてくれとか理由をつけて退職をとめられる場合があります。フリーターの場合には、長期間働くことを最初から求められていないため、退職が比較的容易に認められます。そのため、いろいろな仕事を経験することができるため、自分に合った仕事を見つけやすいといえます。③人間関係のストレスがあまりない フリーターは1つの会社で長い期間勤務する必要がないため、人間関係でストレスに感じるということがあまりありません。飲み会があれば、この後の付き合いのことを考えるとあまり行きたくない場合でも行かなければいけないということもありますが、フリーターであれば行きたくなければ行かなければいいだけです。また、人間的に合わない仕事上どうしても付き合わないといけない人がいて、状況が改善しないのであれば、サッと辞めることもできます。デメリット①収入が少ない 正社員と比べると明らかに収入は少なくなります。生活していくうえでかかるものを払うと手元にほとんど残っていないということがでてきます。貯金をすることが難しくなりますし、将来を見通すことが大変になります。また正社員にはあるボーナスもないことがほとんどですし、仮にあったとしても微々たる金額でしょう。②社会保険に入ることができない 正社員は社会保険に入るため、大きな収入があったとしてもそこからかなり引かれた金額が支給されます。フリーターは稼いだ分だけもらえますが、社会保険に入っていないため、自分で国民年金と国民健康保険の金額を払わないといけません。働けなくなったあとのことを考えるとデメリットです。③正社員になろうと思った時にイメージがあまりよくない 正社員の面接を受ける時に今までは何をしていたか聞かれたときにフリーターと答えるといいイメージを持たれることがありません。はっきりした理由があってフリーターをしていたのであればいいですが、もしそうでないのであればデメリットです。また、フリーターは社会的な信用もあまりありませんので、ローンを組んだりクレジットカードを作ったりするときに苦労することになります。