社会の目に惑わされないように

歳を重ねれば重ねるほど正社員として働いていないと偏見を持たれやすいフリーターですが、フリーターの人は正社員として働いている人よりも実は充実した生活を送っていたりもします。では、フリーターのメリットとデメリットをご紹介します。【メリット:自分の好きな時間に仕事ができる】正社員として働いてしまうと決められた勤務時間が一般的です。毎日同じ時間での勤務、または9時間以上の夜勤といった長時間の拘束勤務、はたまた3交代制などの不規則な勤務体制など。ですがフリーターの場合契約社員や派遣、アルバイトなので自分の好きな時間に勤務することができます。契約社員であれば契約期間が決まっているため「3か月の契約ならこの時間での勤務で仕事をしよう」と決めて契約したり、派遣であれば「日中は3時間だけの仕事をして、深夜帯の仕事をメインでしよう」などと自分のライフスタイルに合った時間に仕事を入れ、働くことができます。そしてアルバイトであれば派遣と同様自分のライフスタイルに合った勤務時間にすることができ、連続で休暇を取ったり、または稼ぎたい月は連続で仕事に入ることができ自分のペースで仕事をすることができます。【メリット:嫌な仕事が少ない】フリーターの場合、出張や接待等がないためのびのびと自分の好きな仕事だけをやることができます。正社員の場合行きたくのない出張や、面倒くさい接待、または会社内で開かれる飲み会等もあるため仕事に対して「嫌だな」と思うことが多いのです。ですがフリーターの場合時々職場で開かれる飲み会等の参加は基本的に自由なので、断りやすかったりします。フリーターは嫌な仕事が少ないことでのびのびと自分の好きな仕事をやれるだけではなく、楽しく仕事ができることで働くことに対して前向きな考えを持っているのです。【メリット:辞めやすい】正社員として会社に雇われてしまうとちょっとやそっとじゃ仕事を辞めることができません。例えば「最近体調が悪いことが多いので仕事を辞めたい」と言っても「じゃあ何日か休暇を取りな」などと、会社側も辞める方向には中々持って行かず“辞めたいのに辞められない“という状況がズルズルと続いていきます。ですがフリーターの場合「違う仕事をしたいので〇月で辞めたい」などと話すだけで辞められるためもし自分に合っていない仕事だったとしても簡単に辞めることができ、“辞める“というワードも言いやすい環境なのです。【デメリット:お給料が安定しない】正社員の場合“手当“が付いたり、決められた日に出勤することでお給料が発生しますが、フリーターの場合働いた分のお給料は発生しますが、職場の状況によって毎月出勤する日数に変動ができてしまったり、早上がりなんてこともあるためお給料が安定しないこともあります。働いた分のお給料が発生するということは、出勤できない日が多いとその分お給料がもらえないということなので、毎月のお給料の差が良くも悪くも大きかったりもします。【デメリット:周囲が気になる】世の中はなぜか「社会で働いている人は正社員が普通」という考えを持っています。そのため職業を聞かれたときに「フリーター」と答えると「フリーターなの?」と残念な顔をされることもよくあります。こうした周囲の顔色が気になってしまうのがフリーターのデメリットでしょう。
ご意見箱
× 今後表示しない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です