フリーターのメリット・デメリット

リーターでいるメリットとデメリットについてそれぞれ3つずつ挙げていきたいと思います。メリット①勤務する時間をある程度は自分で決めることができる 会社が求人を出すうえで、最低週に何日働いて何時間は働いてくださいというのはありますが、それを守っているのであれば、後は自分の都合に合わせて自由に勤務日を決めることができます。正社員であれば、この日はどうしても人が足りないから休まれると困ると言われて、しぶしぶ働くということもありますが、フリーターであればある程度は自分の意見が通るでしょう。長時間の残業をするということもほぼありませんので、仕事以外のプライベートの時間を充実させることができます。②簡単に会社を辞めることができる 正社員で代えのきかない責任のある仕事を任されている場合には、いざ退職をしようと思ったとしても、抜けられたら困るだとかもう少しだけでいいからいてくれとか理由をつけて退職をとめられる場合があります。フリーターの場合には、長期間働くことを最初から求められていないため、退職が比較的容易に認められます。そのため、いろいろな仕事を経験することができるため、自分に合った仕事を見つけやすいといえます。③人間関係のストレスがあまりない フリーターは1つの会社で長い期間勤務する必要がないため、人間関係でストレスに感じるということがあまりありません。飲み会があれば、この後の付き合いのことを考えるとあまり行きたくない場合でも行かなければいけないということもありますが、フリーターであれば行きたくなければ行かなければいいだけです。また、人間的に合わない仕事上どうしても付き合わないといけない人がいて、状況が改善しないのであれば、サッと辞めることもできます。デメリット①収入が少ない 正社員と比べると明らかに収入は少なくなります。生活していくうえでかかるものを払うと手元にほとんど残っていないということがでてきます。貯金をすることが難しくなりますし、将来を見通すことが大変になります。また正社員にはあるボーナスもないことがほとんどですし、仮にあったとしても微々たる金額でしょう。②社会保険に入ることができない 正社員は社会保険に入るため、大きな収入があったとしてもそこからかなり引かれた金額が支給されます。フリーターは稼いだ分だけもらえますが、社会保険に入っていないため、自分で国民年金と国民健康保険の金額を払わないといけません。働けなくなったあとのことを考えるとデメリットです。③正社員になろうと思った時にイメージがあまりよくない 正社員の面接を受ける時に今までは何をしていたか聞かれたときにフリーターと答えるといいイメージを持たれることがありません。はっきりした理由があってフリーターをしていたのであればいいですが、もしそうでないのであればデメリットです。また、フリーターは社会的な信用もあまりありませんので、ローンを組んだりクレジットカードを作ったりするときに苦労することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です